パーク・ボールゲーム・パークプロジェクト

【情報】新潟県ベースボールサポートクラブ質問状への回答

【情報】新潟県ベースボールサポートクラブが、先日、県政記者クラブで記者会見をおこなった際の公開質問状についての新潟市長候補4名から回答が届きましたので、ここにご報告いたします。

続きを読む

【情報】新潟県ベースボールサポートクラブ!県政記者クラブで記者会見!

【新潟県ベースボールサポートクラブが公開質問状】

 

新潟県ベースボールサポートクラブは平成30年10月2日、新潟市長選への立候補予定者へ公開質問状を発送したことについて記者会見を行いました。

 

この度発送した質問状の回答期限は10月10日としており、回答内容については本ホームページ上で公開する予定です。

【質問内容】

1.これまで市民に親しまれてきた鳥屋野運動公園野球場と小針野球場の老朽化に対し、どのような考えをお持ちですか。

2.NPB(日本野球機構)のプロ野球球団誘致についてはどう思いますか?

3.新潟市に平成30年8月18日提案した「PARC・BALLGAME・PARC PROJECT」についての御書見をお聞かせください。

4.新潟県ベースボールサポートクラブが目指す、公民連携による世界一のエンターテイメント型ドーム球場の建設についてどのようにお考えですか。


続きを読む

【パークボール】~野球の国から~球団増も新規参入も「大歓迎」

スポーツコラム野球の国からにて古田敦也氏が球団増について語っている。そこには新潟の名前も!!

続きを読む

【パークボール】~広島V3の経済効果~

広島のV3の経済効果は、昨年より約60億円UP!関西大学の宮本勝浩名誉教授が20日、広島が3連覇を達成した際の経済効果を発表。広島県内で約459億3421万円と、昨年より約60億円多い数字が出た。①観客数が一昨年より増加②もみじ銀行の「カープV預金」の過去最高額③カープ女子の増加などを要因に挙げ「県にとって非常に大きな経済効果であり、地元にとっては素晴らしく誇らしい出来事」とした。 

 

この内容からもわかるように、県内にプロ野球が出来る事は、大きな経済効果にもつながる。新潟県でも、パークボール構想等により、野球で大きな経済効果をもたらせる道もあるのではないかと思う。

   

提供:スポーツニッポン

  :スポニチアネックス

      

 


続きを読む

トッ球のつぶやき

トッ球:自己紹介

トッ球です!

日本ハムが、北海道北広島市にすすめている新球場構想の実現に向けて、18年度中に道庁内で支援するプロジェクトチームを設営するんだって。すごいなぁ。


トッ球のつぶやき

トッ球です。

 

北海道の日本ハムファイターズの新球場を北広島市に作る構想があるんだって。アジアNO1の開閉式ドーム型らしい。うらやましいな。

新球場は、10年間で北海道に約8千億円の経済効果を与えるという試算もあるらしくて、こんなに素敵なものが新潟にも欲しい。野球の為だけでなく、きっと地域に与える効果も大きいんだろうな。


新潟もいつかは!

提供:スポニチ

26日、2年ぶりの日本一に輝いたソフトバンクは福岡市内中心部で優勝祝賀パレードが行われ、福岡移転後で03年とタイとなる最多で約36万人がお祝いに駆け付けた!

地元のファンに愛され、優勝の喜びを分かち合える最高の時間、、。

新潟にも夢ではない!!


鳥屋野にボールパーク構想!

提案:スポーツニッポン

   スポニチアネックス

「野球から街づくりを!!」

新潟県野球協議会が、ボールパーク建設に向けて動き出している!

 

鳥屋野潟南部エリアに新球場を建設し、それを核とした街づくりを目指します!NPBの球団招致を見据え、県・市の活性化を図ることを目的としています!


続きを読む

新潟県野球協議会は亀田郷土地改良区に要望書提出

平成29925日、新潟県野球協議会(理事長:高橋勇四郎)は亀田郷土地改良区の齋藤博文理事長を訪問し「PARCBALLGAMEPARCPROJECT」についての要望書を提出致しました。

これは鳥屋野潟南部での野球場を核としたまちづくり実現のための亀田郷土地改良区への働きかけであり、818日の新潟市、91日の新潟県への要望に続くものです。

要望書を受け取った齋藤理事長は「(新潟県・新潟市・亀田郷土地改良区の)三者協議の場で検討していきたい」と述べました。

 

当協議会は早急な三者協議による検討を望むとともに、今後もこのまちづくりの具現化に向け積極的な活動を続けて参ります。


新潟県野球協議会は益田浩副知事に「PARC・BALLGAME・PARCPROJECT」についての要望書を提出

 

 平成2991日、新潟県野球協議会(理事長:高橋勇四郎)は益田浩新潟県副知事を訪問し「PARCBALLGAMEPARCPROJECT」についての要望書を提出致しました。

 

これは鳥屋野潟南部での野球場を核としたまちづくり実現のための新潟県への働きかけであり、818日の篠田昭新潟市長への要望書に続くものです。

 

要望書を受け取った益田副知事は「県としてはゾーニングの変更について、関係者と連携して進めていきたい」と述べ、従来は住居ゾーンとしてきたゾーニングの変更について、新潟県が前向きな考えであることを確認いたしました。

 

 

当協議会は早急なゾーニング変更を望むとともに、今後もこのまちづくりの具現化に向け積極的な活動を続けて参ります。

 


新球場設立へ協議の場を来月に

18日、県野球協議会は市に対して球場の新築移転の要望を提出した。

 

これに対し市長は「市としてもやる必要があると思っていたものを提案いただきいた。本格的に検討するに値すると思う」と建設に前向きな意向を示した。

 

建て替え候補地で提案されている鳥屋野潟南部エリアは住居ゾーンに指定されいるが、人口減少などで抱えている現状もありゾーン変更のハードルは低そうだ。

 

また篠田市長は22日の定例会見で「住居ゾーン」のゾーニング(土地の用途区分)を変更するための場を9月か10月に設置したいと考えを示した。

米山知事にも「やった方がいい」との話をいただいている。

 

 

提供:読売新聞
提供:読売新聞

続きを読む