技術でカバーできないクセ

実践で 打たれる要素の中に、スキル以外でクセを盗まれることがあります。 

分かった時点ですぐに直す必要があり、知らず知らずにクセを盗まれて打たれることがあります。 

努力が足りないと勘違いしてしまうこともあります。

 

テキスト : 中山 大

 

中山大ブログ
写真 : イメージ

【改善方法】

  1. 他の人に見てもらうこと
  2. 打者視点からみてもらうこと
  3. 動画を定期的に撮ること

なかなか自分では気づくことができないので、他の人から見てもらいながらチェックを入れた方が良いです。

 

 

【特徴が出やすいところ】

  1. グローブの高さ
  2. 体の向き
  3. 首を振った時

その辺にクセが出やすいので注意しておきましょう!

 

 

次回「特徴」