ストライクを投げる練習方法

今回は簡単な方法でお伝えしたいと思います。

コーチ時代によく聞かれる質問トップ1が「どうしたらコントロールがよくなりますか?」でした。

身体の使い方から指先までポイントはたくさんありますが、遊びながら感覚を掴んでいく楽しい方法をお伝えします。

 

テキスト : 中山 大 →プロフィール

 

中山大ブログ
写真 : イメージ

【必要な環境が一つ】

ボールをぶつけても壊れない壁(この壁に向かってひたすら壁当てです。)

 

【やり方】

  1. 的を決める(目印をつける、もしくは自分でここにぶつけたらOKを決める)
  2. 距離を決める(まずは自分で的に当てれると思う距離から)
  3. 今日の目標を決める(何回的にぶつけたら終了か!)
  4. スタート(ぶつけて戻ってきたボールを捕った位置から的をめがけて投げる)
  5. 繰り返す(捕った位置から投げるので場所が変わりますが、そこから的を狙う)

 

【ポイント】

  • フォームは関係なく的に当てることを意識し続ける
  • 力加減は毎回変える
  • 決めた目標達成までやめないこと
  • おもいきり楽しんで実施する
  • 壊れるものがないところで実施する(もし壊したりぶつけた場合しっかりと謝る)※友達、お父さんと一緒に交互にやるのもお薦めです)

楽しく壁当てをして上達してほしいです。(捕るのも上手くなります)

私は子どもの頃、近所の家の壁でガラスを数十回割っていますのでご注意ください!

 

次回 「コンロトールが良くなる方法1」